サバイバルキッズ ロストインブルー2(Lost In Blue 2)攻略wiki

condition(condition)

状態異常 

プレイヤーキャラ、パートナーが陥る状態異常についてまとめる。

状態異常一覧 

状態異常の一覧を下表に示す。

状態 効果
渇き水分ゲージの減少が加速
興奮体力ゲージが減らなくなる 就寝不可
睡眠行動不能
体力などに関わらずHPが減少していく
病気未調査
腹痛摂食不能 就寝不可

キノコによる状態異常 

  • ゲーム中に登場するキノコ8種のうち6種は満腹度回復の他に特殊な効果を備えている。
  • その6種のうち1種は解毒、残りの5種は、渇き、興奮、睡眠、毒、腹痛のいずれかの異常を引き起こす効果が割り当てられる。
  • キノコの種類と効果はセーブデータごとに変化するため各自で確認する必要がある。
  • 摂食後の挙動
    • キノコを食べた直後から発症までのカウントダウンが開始し、それが終了すると発症。
    • 発症後は持続時間のカウントダウンが開始、それが終了すると異常が消える。
  • 同種のキノコを食べた場合
    • 発症中に同種の異常を起こすキノコを食べると一旦症状が消える
    • 発症前であれば発症までのカウントダウンが上書きされ、先に延びる
  • 効果の相殺
    • 興奮と睡眠の効果は相殺する。
    例1
    睡眠キノコと興奮キノコを同時に食べる

    →両者の効果は現れない

    例2
    興奮状態で睡眠キノコを食べる

    →興奮状態は解除され、以後、睡眠状態も発症しない

  • 状態の解除
    • 渇き状態は水場で「のむ」を行なうと解除される。
    • 病気以外の状態異常は解毒キノコで解除することが出来る。
    • 解毒キノコの効果は摂食後、即座に現れる。
    • 発症前、発症中、いずれの段階であっても有効である。
    • 睡眠・腹痛も発症前に解毒キノコを摂取することで予防できる。
    • 食べた異常を起こすキノコの数、種類がいくつであっても、一つの解毒キノコで無効化できる。
  • 休憩と就寝の影響
    • 休憩中は発症時間が訪れても異常が発症せず、休憩状態を解いた直後に発症する。
    • 就寝中は発症までの時間、および、持続時間のカウントダウンは停止し、翌朝まで持ち越される。

その他の要因 

キノコ以外の状態異常を引き起こす要因について。

  • 腐った食べ物
    • 腐った食べ物を食べると状態異常全種の中からランダムに異常が発症する。
    • 複数の症状が併発する場合もある。
  • タランチュラとハブ
    • タランチュラやハブに噛まれると即座に毒状態になる。

パートナーのみにおける特例 

  • パートナーが就寝不可の異常を発症していてもプレイヤーキャラが通常状態であれば就寝可能。
  • その際、パートナーのHPや体力の回復は通常どおり行われる。

不明部分など 

  • 料理時の組み合わせでどうなるかは未調査
  • ヨモギはキノコで起こる異常に対して何の効果も無い模様
  • 病気に関してはなかなか起こってくれないので詳しいことは不明